• Cotact us
  • Privacy policy
  • Agreement for use
  • Company Profile
  1. ホーム
  2. 世界遺産
  3. 中城城跡(なかぐすくじょうあと)

中城城跡(なかぐすくじょうあと)

中城城跡(なかぐすくじょうあと)のイメージ
中城城跡(なかぐすくじょうあと)のサムネイル1 中城城跡(なかぐすくじょうあと)のサムネイル2 中城城跡(なかぐすくじょうあと)のサムネイル3

沖縄最大規模の城跡

中城城跡は、中城村と北中城村にまたがり東北から南西にほぼ一直線に伸びた標高150m~170mの石灰岩丘陵上の縁辺部に立地する山城で、南東側は15m以上の切り立った断崖、北西側は勾配のきつい傾斜面となっているため城内に至るには正門や裏門に面している南北の丘陵尾根沿いしかなく、守りやすく攻めにくい地に築かれています。
 城は6つの郭からなり、城壁は琉球石灰岩で積まれ、自然の岩石と地形的条件を巧みに生かしながら美しい曲線で構成されています。

また、グスクからの眺望は風光明媚で、東側に中城湾や太平洋、西側に宜野湾市や東シナ海、北側に勝連半島や読谷方面、南側に与那原や知念半島を見渡すことができる景勝地となっている。

琉球王国とは、今から約570年前に成立し、約450年に渡り日本の南西諸島に存在した王制の国のことです。明治維新により成立した日本政府が1879年に国王を追放し、沖縄県の設置(廃藩置県)が宣言され琉球王国は滅亡しました。
また、グスクとは、主に12~16世紀に農村集落を基盤として群雄割拠した「按司(あじ)」と呼ばれる領主的豪族層が、自らの居住と防衛の拠点として築いた城のことです。

[引用]
沖縄の世界遺産 中城城跡
・世界遺産「中城城跡」について
・中城城跡の立地
http://www.nakagusuku-jo.jp/heritage

中城城跡の歴史

琉球王国にはおよそ300余りのグスクがあったといわれていますが、中城城跡は去る大戦の戦禍による被害は小さく、県内のグスクの中でも最も原型を留めているため、歴史的、戦略的に極めて高い価値を有していました。

中城城の築城年代は不明ですが、14世紀後半に先中城按司が数世代に渡って築き、1440年頃に座喜味城主「読谷山按司:護佐丸」が王府の命令により移ってきて、1458年に自刃するまでの間に、北の郭、三の郭を当時の最高の築城技術で増築したと伝えられています。

護佐丸滅亡後は、世子(王子)の居城となり、さらにその後は間切番所、中城村役場が置かれ、1945年(昭和20年)3月頃に戦争により焼失するまで中城村の行政の中心となっていました。
戦後の中城城跡

戦後は県下初の公園として動物園や遊園地等が設置され、県民の憩いの場として利用されました。

1972年(昭和47年)5月15日、沖縄の日本復帰に伴い、国指定史跡となり、2000年(平成12年)12月2日には「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産に登録されました。さらに2006年(平成18年)4月6日には日本城郭協会より「日本100名城」にも選ばれました。

[引用]
沖縄の世界遺産 中城城跡
・琉球王国時代の中城城跡
・戦後の中城城跡
http://www.nakagusuku-jo.jp/heritage

●Gallary