• Cotact us
  • Privacy policy
  • Agreement for use
  • Company Profile
  1. ホーム
  2. 世界遺産
  3. 斎場御嶽(せいふぁーうたき)

斎場御嶽(せいふぁーうたき)

斎場御嶽(せいふぁーうたき)のイメージ
斎場御嶽(せいふぁーうたき)のサムネイル1 斎場御嶽(せいふぁーうたき)のサムネイル2 斎場御嶽(せいふぁーうたき)のサムネイル3

斉場御嶽について

斎場御嶽(せーふぁうたき/サイハノうたき)は現在の沖縄県南城市(旧知念村)にある史跡。15世紀-16世紀の琉球王国・尚真王時代の御嶽であるとされる。「せーふぁ」は「最高位」を意味し、「斎場御嶽」は「最高の御嶽」ほどの意味となり、これは通称である。正式な神名は「君ガ嶽、主ガ嶽ノイビ」という。

世界文化遺産にも指定されており、沖縄で最も由緒がある聖域となっています。木々が茂り、神秘的な佇まいで沖縄のパワースポットとして知られています。

[引用]
ウィキベティア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%8E%E5%A0%B4%E5%BE%A1%E5%B6%BD

王国時代の斉場御嶽

文字通り王国最高の御嶽とされ、国家の最高神職である聞得大君が管理した。聞得大君の就任儀式「御新下り(おあらおり)」が行われた御嶽でもある。かつて琉球の御嶽はその全てが男子禁制であり、斎場御嶽では庶民は入口の御門口(うじょーぐち)を越えて進入することは許されず、国王であっても、御門口より先に入るには袂の合わせを女装に改める必要があったという。
2000年11月首里城跡などと共に、琉球王国のグスク及び関連遺産群としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録される。

[引用]
ウィキベティア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%8E%E5%A0%B4%E5%BE%A1%E5%B6%BD

●Gallary