• Cotact us
  • Privacy policy
  • Agreement for use
  • Company Profile
  1. ホーム
  2. 世界遺産
  3. 識名園(しきなえん)

識名園(しきなえん)

識名園(しきなえん)のイメージ
識名園(しきなえん)のサムネイル1 識名園(しきなえん)のサムネイル2 識名園(しきなえん)のサムネイル3 識名園(しきなえん)のサムネイル4

識名園について

識名園についてのイメージ

識名園は「識名の御殿(しちなうどぅん)」とも、また首里城の南にあることから「南苑(なんえん)」とも呼ばれていた。
琉球王最大の別邸で、国王一家の保養や中国皇帝の使者である冊封使(さっぽうし)の接待の場にも利用されていました。造園は琉球の第二尚氏王朝、尚穆の時代に始まったと言われるが定かではなく、完成は尚温の時代の1799年とされている。その形式は池の廻りを歩きながら景色の移り変わりを楽しむことを目的とした「廻遊式庭園」。池の周辺に御殿、築山、花園などを配置。池には大小のアーチ橋が架かり、池の小島には中国風の六角堂が建てられるなど中国の影響も見られるが、全体的には琉球独自のデザインとなっています。

【引用】
ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AD%98%E5%90%8D%E5%9C%92

美ら島物語
http://www.churashima.net/shima/okinawa/isan/20010301/02.html

識名園の基本情報

識名園の基本情報のイメージ

住所 : 沖縄県那覇市字真地421-7
TEL : 098-855-5936
開覧時間:9:00~18:00(入場締切 17:30)
※10月~3月は17:30まで(入場締切 17:00)

休園日 : 毎週水曜日(休日の場合はその翌日)

●Gallary

  • 琉装フォトプランのサムネイル
  • 琉装フォトプランのサムネイル
  • 琉装フォトプランのサムネイル
  • 琉装フォトプランのサムネイル
  • 琉装フォトプランのサムネイル
  • 琉装フォトプランのサムネイル