• Cotact us
  • Privacy policy
  • Agreement for use
  • Company Profile
  1. ホーム
  2. 世界遺産
  3. 玉陵(たまうどぅん)

玉陵(たまうどぅん)

玉陵(たまうどぅん)のイメージ
玉陵(たまうどぅん)のサムネイル1 玉陵(たまうどぅん)のサムネイル2 玉陵(たまうどぅん)のサムネイル3 玉陵(たまうどぅん)のサムネイル4

沖縄独特の破風墓

沖縄独特の破風墓のイメージ

玉陵(たまうどぅん、玉御殿または霊御殿とも言う)は、琉球王国、第二尚氏王統の歴代国王が葬られている陵墓。所在地は沖縄県那覇市首里金城町。そもそもは第3代尚真王(在位1477年 - 1526年)が父、尚円王を葬るために建築したものである。世界遺産のひとつで沖縄県最大の破風墓。なお「玉陵」と名付く墓所はほかに「伊是名玉陵」、「山川の玉陵」がある。

破風墓(はふうばか)とは、沖縄特有の墓の形式の一種で家屋同様の屋根があるもののうち、屋根が破風形となっているものを言う。
琉球王国時代を通じて王室以外が造成することが許されていなかった墓の形式であったが、1879年以降に解禁され、一般的に普及するようになった。

【引用】
ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%89%E9%99%B5

玉陵について

玉陵についてのイメージ

玉陵は中室、東室、西室の3つの建築物に分かれる。中室は葬儀の後、当時の琉球の葬制に基づき遺骸が骨になるまで放置し、数年後に骨を取り出して洗骨した。洗骨した後に遺骨を骨壺に収め、王及びその妃の骨は東室に納められ、他の王族は西室に納められた。建造物の外は外庭、中庭に石壁で仕切られ、中庭には珊瑚の破片が敷き詰められている。

第二次世界大戦末期には、日本軍総司令部に近かった玉陵は首里城と共に集中砲撃の巻き添えに会い、東室・西室が破壊されるなど大きな被害を受けた。現在見られる大部分は第二次世界大戦後に復元されたものである。また第二次世界大戦で亡くなった旧制沖縄県立第一中学校(現・首里高等学校)の生徒を弔うための「一中健児の塔」などが近くに建立されている。

2000年に「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産に登録された他、全体が国の史跡、玉陵墓室石牆が国の重要文化財(建造物)、石彫獅子と玉陵碑が県の有形文化財(彫刻)に指定されている。

【引用】
ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%89%E9%99%B5

●Gallary

  • 墓室のサムネイル
  • 墓室のサムネイル
  • 墓室のサムネイル
  • 玉陵碑のサムネイル
  • 墓室のサムネイル
  • 後門のサムネイル